コンタクト先:info@dragonfly-ecotech.com

業界政策の背景

news

あなたの現在の位置:トップページ > 業界政策の背景
生態文明の建設-水素エネルギー社会の実現
時間:2022-03-25    クリック数:180

 2020年9月、習近平主席は第75回国連総会での演説で、「中国は国家自主取り組みの貢献度を増やし、より強力な政策と措置を採用し、2030年までに二酸化炭素排出のピーク達成に努める。2060年までにカーボンニュートラルを達成するよう努めます。」 

  2021年8月、習近平主席は中共中央政治局の勉強会で、「第14次5カ年計画」期間中に、中国の生態文明建設は、炭素排出削減を重要な戦略的方向性とし、汚染削減と炭素削減のコベネフィットを推進し、経済と社会の全面的なグリーン変革を促進し、生態環境品質改善が量的変化から質的変化を実現する重要な時期にあり、全社会の生産方法とライフスタイルが重大な変化を発生すると指摘した。 

 2022年3月23日、中国国家発展改革委員会は「水素エネルギー産業発展ための中長期計画(2021年-2035年)」を公表した。 当該「計画」は、水素エネルギーが将来の国家エネルギーシステムの重要な部分であり、 再生可能エネルギーを大規模かつ効率的に利用するための重要なキャリアとして、水素エネルギーが大規模で長期的なエネルギー貯蔵の利点があり、地域や季節を超えた異種エネルギーの最適な配分を促進することができる。 水素エネルギー、電気、熱エネルギーのシステム統合によって、マルチ補完的な統合性を備えた最新のエネルギー供給システムを形成できると指摘した。

 2020年10月に菅内閣総理大臣は2050年カーボンニュートラルと脱炭素社会の実現を目指すことを宣言し、「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」、「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」、「水素基本戦略」等が制定されるなど、様々な水素エネルギー?燃料電池の開発が進められている。

XML 地图 | Sitemap 地图